依頼企業とフリーランスをつなげるもの

企業が仕事を外注する際には、その仕事を期日までに期待するような形で仕上げられる依頼先を選びたいと考えるのが当然でしょう。一方、フリーランスをしている人にとっては、依頼を受ける際には自分の能力が存分に発揮できる仕事を選んで効率的に仕事をしたいと考えるものです。

この両者のニーズが合致していくことによってこういった仕事の依頼と請負の関係がうまく成立することになりますが、そのマッチングを行うのがしばしば難しいことも多いです。企業としては機密情報ともなる具体的な仕事内容を求人に出しにくいため、抽象化された内容からフリーランサーが自分に合いそうな仕事を探し出すことになるからです。

それを助けるものとしてエージェントよる仲介が一般に行われてきました。しかし、企業側にとっては大きなコストになるという問題がありました。近年では新しい潮流として、インターネットサイト上でマッチングを行うシステムが生まれてきています。

エージェントが仲介するのとは異なって具体的な仕事内容に基づくわけではないものの、必要とされている基本スキルや経験などを加味して、依頼企業側、フリーランサー側の両方から検索が可能になっています。そのため、企業側が直接依頼をすることも、出せる範囲の仕事の情報を提示して募集をかけることもできるようになっているのです。

これによって少ない情報提供でよりマッチングが成立する可能性が高まる様になってきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です